神戸商議所、家次新体制が始動 医療産業を核に構造転換

2016/11/8 6:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神戸商工会議所は7日、臨時議員総会を開き、新会頭にシスメックス会長兼社長の家次恒氏(67)を正式に選任した。神戸経済は重厚長大に頼った産業構造の転換を目指しており、医療など新産業育成がカギになる。関西全体の産業の底上げには、同様の目標を掲げる大阪、京都との連携も必要だ。神戸を代表する医療機器メーカーのトップとして、地元経済界の新たなリーダーとなった家次氏の手腕が試される。

「国際性やチャレンジ精…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]