2019年6月26日(水)

愛媛大発VB、抗HIV薬の候補選定へ 製薬会社に有償提供

2016/11/8 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛媛大発ベンチャーのセルフリーサイエンス(松山市)は新タイプの抗エイズウイルス(HIV)薬となりうる候補物質の選定に乗り出した。従来の抗HIV薬とは異なるメカニズムでHIVの増殖を抑える候補物質を特定し、2年後の2018年10月末には製薬会社に有償で提供する。同社が強みを持つタンパク質の合成技術を活用、新薬開発につなげる。

ヒトがHIVに感染すると、体内で増殖してエイズを発症する。今のところ体内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報