/

この記事は会員限定です

保育士賃上げに補助金 民間事業者に50万円

厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は保育士の賃金を改善する計画を実行した民間保育事業者に50万円の補助金を出す。経験を重ねた保育士の給与が着実に上がっていく状況を定着させ、不足する保育士の待遇改善をめざす。離職率を下げるための計画づくりを求め、達成すれば補助金を積み増す。

事業者は厚労省管轄の労働局に計画を提出し、認定を受ける必要がある。計画期間は3カ月から1年間。計画がうまく実行できれば2017年度以降、1事業者あたり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン