/

この記事は会員限定です

KDDI総研、糖尿病を兆候前から判定 AIで予測

[有料会員限定]

KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)は人工知能(AI)を使い、健康診断の結果や診療報酬明細書などのデータから、糖尿病にかかるリスクを予測する技術を開発した。検査値で兆候が表れる前から予防が可能になる。企業の健康保険組合などを対象にしたサービスを想定し、2~3年内の実用化を目指す。

糖尿病を発症した人の過去の健康状態に共通する特徴をデータから見つける。パターンが似て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン