/

この記事は会員限定です

加工食品の原産地表示、農水省がJAへ配慮 メーカーは反発

[有料会員限定]

農林水産省と消費者庁はすべての加工食品に原材料の産地表示を義務づけると決めた。食品メーカーや一部の消費者団体が唱えた反対論は聞き入れられなかった。農水省が世界的にも厳しい規制を課す背景にはJA(農協)への配慮がある。

いま原材料の産地表示が義務づけられている加工食品はこんにゃくや緑茶など加工度が低い一部の品目だ。これを全ての品目に広げ、包装や容器に最も重量が重い原材料の産地を記すよう求める。虚偽...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン