加工食品の原産地表示、農水省がJAへ配慮 メーカーは反発

2016/11/5 0:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省と消費者庁はすべての加工食品に原材料の産地表示を義務づけると決めた。食品メーカーや一部の消費者団体が唱えた反対論は聞き入れられなかった。農水省が世界的にも厳しい規制を課す背景にはJA(農協)への配慮がある。

いま原材料の産地表示が義務づけられている加工食品はこんにゃくや緑茶など加工度が低い一部の品目だ。これを全ての品目に広げ、包装や容器に最も重量が重い原材料の産地を記すよう求める。虚偽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]