/

この記事は会員限定です

岐阜市「コンパクトシティー」へ計画案策定 病院など特定地域に誘導

[有料会員限定]

岐阜市はコンパクトシティーの実現に向けた「立地適正化計画案」をまとめ、4日から市民向け説明会を始めた。人口減をにらみ、病院や商店など中核施設を特定の区域に集めたうえで周辺に居住地区を設けることで、暮らしに必要な機能を効率的に維持する街づくりを進める。3月末までに、中部3県の自治体で初となる計画決定を目指す。

計画案によると、岐阜市の人口は2014年の41万3千人が40年には33万7千人に減ると推計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン