/

第一交通産業、プレミアムなタクシー 訪日客に的

第一交通産業は北九州地区で「プレミアムタクシー」を導入し、4日に北九州市内で出発式を開いた。同タクシーはハイヤー仕様並みの乗り心地で、接客技術の高い乗務員が運転を担当するのが特徴。市内では北九州空港への国際定期便就航などを機に訪日外国人ら国内外からの観光客が増えており、優れた接客サービスで送迎などの需要の取り込みを狙う。

同タクシーは面接や接客などの社内試験に合格した乗務員が運転を担当。車両にもタクシー用としては最上級のグレードの車種を採用した。ゆったりとした車内で静粛性が通常車両よりも高いほか、無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」も無料で使えるようにした。一方、通常のタクシーと同じ運賃に設定した。

まず北九州地区の乗務員28人、専用車両15台の体制でスタート。今後、同地区での台数を増やしていくとともに、導入地区も拡大していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン