/

この記事は会員限定です

野村、運用指南「ロボアド」参入 若年層を開拓

[有料会員限定]

野村ホールディングスはコンピューターが資産運用を指南する「ロボット・アドバイザー」事業に参入する。個人投資家を対象に11月中旬に始める。リスクの許容度に応じた最適な運用を営業担当者を介さずに提案し、若年層の開拓につなげる。

ホームページで年齢や運用目標、投資経験などの簡単な質問に答えてもらい、慎重な運用を望む「保守型」からリスクを大きく取る「積極型」の5つに分類す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン