/

この記事は会員限定です

「改憲より経済政策」 武田薬品工業の長谷川閑史会長

[有料会員限定]

――憲法への見解は。

「公布後70年がたち、世の中が変わったので、十分に対応できない部分があるなら、対応しないといけない。ただ、具体的に検討を進めるには条件がある。現行憲法は世界の中で最も簡潔な憲法の一つだ。その精神は受け継いだ方がいい」

――どう改正すべきか。

「自民党は緊急事態条項、環境権、財政規律条項などを優先事項として掲げていたが、うがった見方をするとそこに恣意性が感じられる。本来なら衆参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り507文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン