/

この記事は会員限定です

憲法論議、変遷の70年 歩みを振り返る

[有料会員限定]

日本国憲法の公布から3日で70年。憲法のあり方をめぐる議論は、戦後日本の国内政治や外交・安全保障政策と密接に絡んできた。古希を迎えた日本国憲法に関する論議の歩みを振り返る。

日本が大日本帝国憲法(明治憲法)の改正に着手したのは1945年。第2次世界大戦の無条件降伏に伴い、ポツダム宣言を受諾したのがきっかけだ。松本烝治国務相をトップとする憲法問題調査委員会で草案づくりを進めた。

松本氏の案に対し、G...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン