リードと群馬大医学部、医師のスマホに異常な検査結果通知

2016/11/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療・介護向けシステムを手がけるリード(前橋市)は群馬大学医学部付属病院の鳥飼幸太准教授と共同で、患者の検査結果に異常値が出た場合、医師のスマートフォン(スマホ)に自動的に通知するシステムを開発した。これまでの電話や電子カルテを使った通知に比べ、情報が正しく伝わらなかったり不在時に連絡が遅れたりするリスクを軽減できる。

病院の検査部門から送信された患者の検査結果を判定システムがチェック。「生命が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]