ロシア上院議長、「2島返還で決着」示唆
領土問題で日本けん制

2016/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=田中孝幸】ロシアのマトビエンコ上院議長は日本経済新聞の取材に応じ、日ロの平和条約締結後に北方四島のうち歯舞群島、色丹島を日本に引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言は現在も有効との認識を示した。半面、四島のロシアの主権は「日本にとっては議論の余地があるが、ロシアにとってはない」と強調。国後、択捉両島は協議の対象外とし、2島の引き渡しで決着させるべきだとの考えを示唆した。

マトビエンコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]