2019年2月24日(日)

北陸初のLCC就航 富山-ソウルで

2016/11/1 6:00
保存
共有
印刷
その他

韓国アシアナ航空の格安航空会社(LCC)のエアソウルは31日、富山―ソウル(仁川)線を就航した。北陸初のLCCで、月、水、土曜日に週3往復運航する。閑散期の11月下旬から2017年3月下旬は運休するが、同日、石井隆一知事と会談した柳光熙(リュウ・グァンヒ)社長は再開後、来年11月下旬までは週3往復で運航する意向を明らかにした。

同路線は全席エコノミークラス(195席)で、ソウル発が午後2時10分、富山発が午後5時。運賃は片道1万2500円からで、アシアナ航空が運航していた時より20~25%程度安い。

富山県庁で柳社長と会談した石井知事は「北陸初のLCCとして隣県からの新たな需要開拓も期待できる」とし、利用促進に協力する姿勢を示した。会談後、柳社長は「富山の魅力は韓国であまり知られていない。県と協力したら需要が増える」とし、アシアナで64%だった搭乗率を「75%以上に上げたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報