がん患者の緩和ケア新拠点 名古屋市できょうオープン

2016/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん患者の緩和ケアを目的とした、地域包括ケアの新拠点「まごころの杜(もり)」が11月1日、名古屋市内に開業する。施設には看護師や介護士が常駐するほか、がん末期患者のケアの経験を持つ内科医や外科医、精神科医らも対応。痛みのコントロールやリハビリなどを受けられるようにして、がん末期患者を手厚くケアする仕組みのモデルケースとする考えだ。

まごころの杜は名古屋大学発ベンチャーが中心となって設立。名古屋大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]