/

この記事は会員限定です

行員の照会にAIが回答 日本MSと三井住友銀が開発へ

[有料会員限定]

日本マイクロソフト(MS)と三井住友銀行は行員からの照会に人工知能(AI)が自動で応答するシステムの開発に着手した。過去の照会実績などを学習したAIが文字による対話で適切に回答する。顧客からの質問にAIが答えるシステムの導入が広がっているが、社内の業務改革にも浸透しそうだ。

社内システムの使い方や人事関連規定、顧客に提供する商品情報などの照会に使えると見込む。行員が調べたいことを書き込むと、システ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン