/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、シェア事業者向けIT参入 まず自転車の鍵

[有料会員限定]

ソフトバンクはシェアリングサービスに取り組む企業向けのIT(情報技術)事業に参入する。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」の技術と携帯通信網を活用し、遠隔操作できる鍵やスマートフォン(スマホ)の予約アプリなどを提供する。第1弾として、シェアサイクルの事業者向けサービスを11月に始める。

好きな場所で自転車を借りたり返したりできるシェアサイクル向けにソフトバンクは市販の自転車に取り付けることができる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン