/

コナミHDの4~9月、純利益56%増 ゲーム事業好調

コナミホールディングスが28日発表した2016年4~9月期の連結決算国際会計基準)は、純利益が前年同期比56%増の122億円だった。スマートフォン(スマホ)や家庭用向けなど、ゲーム事業全般が好調だった。スポーツクラブの運営などを手掛ける健康サービス事業でも、業務効率化でコスト削減が進み、利益を押し上げた。

売上高は6%減の1014億円だった。北米を中心にカジノ機器の販売が伸びたものの、円高で収益が目減りした。スポーツクラブなどの直営施設の閉店も、売上高の減少につながった。

ゲーム事業は好調だった。部門営業利益は155億円と52%増え、全体の営業利益(170億円)の9割を占めた。スマホ向けに配信する「実況パワフルプロ野球」が累計2600万ダウンロードを達成するなど、けん引した。人気カードゲーム「遊戯王」の販売も伸びた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン