/

この記事は会員限定です

メモリーが2年ぶり高値 NAND型、大口向け3ドル超

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)やメモリーカードに使うNAND型フラッシュメモリーの大口価格が一段と上昇している。指標品の10月の価格は5カ月連続で上昇し、2年ぶりに1個3ドルを超えた。韓国サムスン電子のスマホ新製品の販売中止に伴い、攻勢を強める中国スマホメーカーの需要が急拡大。メモリー各社も増産を急ぐが、需要増に追いつかない。

指標となるマルチ・レベル・セル(MLC)タイプの64ギガ(ギガは10億)ビット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン