新「ななうら丸」が来月7日就航 宮島航路、定員2割増

2016/10/29 6:00
保存
共有
印刷
その他

世界遺産・宮島と本土を結ぶ新フェリー「ななうら丸」が11月7日、就航する。就航から29年たつ現行のななうら丸から運航を引き継ぐ。28日、報道陣向けの試乗会を開いた。運営するJR西日本宮島フェリー(広島県廿日市市)の高崎謙二郎取締役は「年々増加する観光客のみなさまに安心・安全、快適な船旅を提供したい」と話した。

新ななうら丸は総トン数268トンと、現行より4割近く大きい。定員も800人と2割ほど増…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]