/

この記事は会員限定です

森永乳業、200億円投じヨーグルト増産 利根工場に新棟

[有料会員限定]

森永乳業は約200億円を投じてヨーグルトを増産する。国内の2工場の生産を増強、女性を中心に需要が伸びているのに対応する。ヨーグルトは最大手の明治や3位の雪印メグミルクも増産投資に踏み切っており、森永乳業は大規模投資で対抗する。

利根工場(茨城県常総市)に新棟を建設するほか、神戸工場(神戸市)は冷蔵庫などを増設する。神戸工場は2018年4月に稼働を予定、利根工場の新棟は19年6月の稼働をめざす。利根工場では現在プリンなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン