/

この記事は会員限定です

他人由来のiPS細胞、臨床研究計画を提出 阪大など

[有料会員限定]

神戸市立医療センター中央市民病院と大阪大学医学部付属病院は27日、他人のiPS細胞から作った網膜細胞を患者に移植する臨床研究の実施計画を厚生労働省へ提出した。順調に進めば、来年前半にも手術が可能になる。患者自身の細胞から作ったiPS細胞を用いた1例目に比べて費用や期間を大幅に削減できる見通しで、再生医療の普及につなげる。

研究には理化学研究所と京都大学iPS研究所も参加する。対象は視野がゆがみ視力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン