/

この記事は会員限定です

福井産の小麦、加工品多彩に 棒状パンや麺、菓子相次ぎ開発

[有料会員限定]

福井県内の食品メーカーなどが、福井県立大学が開発した小麦「ふくこむぎ」を使った加工食品作りに乗り出した。県内製パン大手のオーカワパン(福井県坂井市)は細長くスティック状で、クラッカーのような食感の「グリッシーニ」を製造。小麦製品の加工卸、おとましや(同)は麺類を発売した。県産小麦で作った製品を広く紹介し、ふくこむぎの販路拡大につなげる。

オーカワパンは塩味とごま味の2種類のグリッシーニを作り、試験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン