2018年8月19日(日)

トップライズ、プラントや鉄道など新分野開拓 3D測量事業

2016/10/27 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 測量会社のトップライズ(新潟市、大滝充司社長)は建設業向けが主力の3次元(3D)測量サービスで、プラントや鉄道など新たな市場を開拓する。国土交通省が4月から工場現場へのICT(情報通信技術)導入を促しており、構造物の維持管理など多様な分野で需要が見込めると判断した。関東を中心に同事業を拡大し、5年以内に事業売上高を2016年4月期の5倍の5億円に伸ばす。

 同社の保有する3Dレーザースキャナーはレ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報