/

この記事は会員限定です

韓国ロッテ会長、日本の役職続投の意向 球団売却は否定

[有料会員限定]

韓国の検察当局に背任・横領の罪で在宅起訴された韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長は25日、日本経済新聞の取材に対して、日本のロッテホールディングス(HD)の副会長や球団のオーナー代行にとどまる意向を示した。26日に開くロッテHDの取締役会で、副会長の立場にとどまることについて承認を得る見通し。

昭夫氏は「日本での役職を続けるつもりだ」と述べた。韓国の検察当局による出国禁止措...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン