/

雪印メグ5期ぶり最高益 17年3月期、経常益34%増の190億円

雪印メグミルクは25日、2017年3月期の連結経常利益が前期比34%増の190億円になりそうだと発表した。従来予想を35億円上回り、5期ぶりに過去最高を更新する。消費者の健康志向を受け、内臓脂肪を減らす効果がある高機能ヨーグルト「恵ガセリ菌SP株ヨーグルト」の伸びが続く。チーズも自宅で酒を飲む「家飲み」需要を受けて好調に推移する。

売上高は2%増の5900億円となる見込み。ドリンクタイプの高機能ヨーグルトを増産した効果も出る。チーズは「さけるチーズ」など、主力商品の需要が高まっている。前期の土地売却益がなくなるため、純利益は120億円と20%減る。

株価は11時の業績修正発表後に急落し、終値は前日比4%安の3510円だった。経常利益はアナリストの市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(187億円)を上回るが「PER(株価収益率)に割安感がないため、材料出尽くしとして利益確定売りが出やすかった」(マネックス証券の金山敏之氏)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン