/

この記事は会員限定です

三井住友信託銀、不動産売買にAIを活用

[有料会員限定]

三井住友信託銀行はNECや日本IBMと共に、月内にIT(情報技術)を活用した金融サービス「フィンテック」の実証試験を始める。人工知能(AI)を不動産売買の提案に生かすほか、「ブロックチェーン」と呼ばれる仮想通貨の基盤技術を資産管理の品質向上に役立てる。来年3月までの試験で本格導入に向けた課題を洗い出す。

不動産の売買データや有価証券報告書を踏まえ、AIが取引先企業の潜在的なニーズを探ることを想定している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン