「タワマン節税」けん制、高層階は増税へ
18年以降の新築で 政府・与党方針

2016/10/25 0:36
保存
共有
印刷
その他

政府・与党は20階建て以上の高層マンションについて、高層階の固定資産税と相続税を引き上げる。2018年以降に引き渡す新築物件が対象。一方で低層階の税負担を軽くする。高層階の部屋は取引価格が高いわりに税金が安く、富裕層の間では節税策として購入する動きが広がっていた。

菅義偉官房長官は24日の記者会見で「実際の取引価格を踏まえた固定資産税の案分方法をいま検討している。今後の税制改正で検討する」と述べ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]