/

この記事は会員限定です

クオール、在宅患者向け調剤拠点 宅配便で薬

[有料会員限定]

調剤薬局大手のクオールヤマトホールディングスと組み、自宅などで療養する患者に処方薬を届ける新しい仕組みをつくる。店舗から調剤作業の一部を切り離し、専用拠点に集約。調剤した薬を宅配便で届ける。店舗で働く薬剤師の業務負担を軽減し、専用設備がない店舗でも重症の在宅患者に対応できるようにする。医療費抑制を目指す政府の在宅医療の普及を後押しする。

在宅患者が療養に使う薬は通常、医師の処方箋を受け付けた店舗の薬剤師が調剤から配送、服薬指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン