/

この記事は会員限定です

カブコム、投信運用コスト開示

[有料会員限定]

カブドットコム証券は投資信託の運用コストを透明化する。12月下旬から投信の残高に応じた管理手数料(信託報酬)が、運用成績をどれだけ押しさげているかを自社のサイトで開示する。同社が販売する約1000本の投信で手数料の透明化を進めて、投資家が資産形成に適した商品を選びやすくする。

投信の損益確認には「トータルリターン」という指標が使われることが多いが、この指標は信託報酬を控除して表記される。手数料が運用成績に与...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン