2019年5月20日(月)

JR名古屋高島屋、婦人下着売り場2倍に 海外ブランド強化

2016/10/22 4:00
保存
共有
印刷
その他

ジェイアール東海高島屋は21日、名古屋駅に直結する百貨店「ジェイアール名古屋高島屋」の婦人下着売り場を改装すると発表した。売り場面積を2倍に広げ、海外ブランドの品ぞろえを強化。試着室なども拡充し、ファッションに敏感な女性のニーズを捉える。

下着売り場は5階から4階に移設し、11月17日に開業する。海外ブランドのほか、部屋着やアロマオイルなどの生活関連グッズの取り扱いも広げる。ブランド数は7から16に、試着室も7室から18室に増加。全室ベビーカーをたたまずに利用できるようになり、子連れの女性らがゆったりと下着を選べる設計とした。

同社は「実用性寄りだった売り場を、ファッション性の高い品ぞろえに改めた。下着の売り上げは堅調に推移しており、一定のニーズが見込める」とみている。

大きめサイズの婦人服売り場も、6階から5階に移設。新たに2ブランドを加え、12月22日に開業する。婦人フォーマル衣料の売り場も、11月23日に改装オープンする。

一方、同店の4~10階に入居する東急ハンズ名古屋店は5~11階に移転し、11月3日に全面開業する。デザインにこだわった文具コーナーなどを新設する。

ジェイアール名古屋高島屋は婦人服エリアを中心に改装を進めており、2017年春に終了する予定。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報