地方公聴会、26日に変更 TPP特別委

2016/10/21 14:04
共有
保存
印刷
その他

 環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案を審議する衆院特別委員会は21日午前、自民、公明、日本維新の会の各党が出席して参考人質疑を実施した。承認案などの「強行採決」の可能性に言及した山本有二農相の辞任を求めて反発を強める民進、共産両党は欠席した。一方、与野党は24日に予定していた地方公聴会開催を、野党の要望を受けて26日に変更することで合意した。

 学習院女子大の荘林幹太郎教授と東大大学院の中嶋康博教授が国内農業の強化策で意見を述べた。民進党の山井和則国会対策委員長は21日午前の記者会見で「月内の衆院通過ありきで日程だけ消化する強硬姿勢に、強く抗議する」と語った。

 参院は21日午前の本会議で、TPP特別委員会の設置を与党や民進党などの賛成多数で決めた。本会議後の特別委では、委員長に自民党の林芳正元農相を互選した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 15:30
11:34
信越 2:00
2:00
東海 11:30
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 12:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
15:12
12:16

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報