チャレナジー 台風時も発電、出力10倍 北九州で実証実験

2016/10/20 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風でも発電できる風力発電装置を開発しているベンチャーのチャレナジー(東京・墨田、清水敦史社長)は出力が10倍の量産機の開発に着手した。2018年にも北九州市響灘地区で実証実験を始める。同社は8月に沖縄で新しいタイプの風車による発電に初めて成功、順調に発電を続けていることから、九州各地の協力を得て20年の東京五輪での発電を目指す。

同社の装置は垂直軸型マグナス発電と呼ばれ、塔の上に巨大なプロペラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]