/

富士フイルム、iPS細胞作製で特許

富士フイルムは18日、日本でiPS細胞を安全で効率的に作製する技術に関する特許を米子会社が取得したと発表した。血管内の血液からiPS細胞を作製する技術で、現在のiPS細胞を治療に使うための臨床研究では主流の方法という。

iPS細胞の培養・販売などの米子会社、セルラー・ダイナミクス・インターナショナルが特許を取得した。培養するのに補助的に使う細胞を使わず、安全性も高いという。特許を押さえて製薬会社やベンチャーなどからの受託生産を拡大する考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン