2018年2月20日(火)

ランナーの観光・消費分析 23日に金沢マラソン PFU

2016/10/19 6:20
保存
共有
印刷
その他

 PFUビジネスフォアランナー(石川県かほく市)などは23日開催する金沢マラソンの参加者や応援者らの行動を分析する。スマートフォン(スマホ)のアプリを使って撮影した写真の位置情報を収集し、参加者らが大会前後にどの観光地や商業地を訪れたかを金沢工大など石川県内4大学が分析する。解析結果を新たな観光施策に生かす。

 金沢マラソン組織委員会などとの共同事業。同社の写真共有アプリ「Coislu(コイスル)」を使う。撮影した写真の位置情報や日時などを収集し、個人が特定できないようにしたうえで大学側に提供する。

 アプリ利用者が訪れた場所や道程だけでなく、撮影した写真の枚数から人気が高い観光地や男女別の好みなどを分析する。結果を新たな観光施策や金沢マラソンの魅力向上に役立てる。

 アプリを通じて、事前に金沢マラソンの専用キャンペーンに申し込んだ人が対象。撮影した複数の写真は後日、1枚のはがきサイズにプリントし無料で送る。今年2回目の開催となる金沢マラソンは約1万3千人が参加する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報