がんこフードサービス、個人客増に対応 食の「物語」伝える

2016/10/21 12:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西地盤の和食店、がんこフードサービス(大阪市)が個人外国人客への対応を急いでいる。旅行客のニーズが「モノ」から「コト」重視に変わり、和食を食べること自体を体験と捉える人が増えているためだ。旬の素材や調理方法など料理にまつわる「物語」を伝える能力を磨き、リピート客を獲得。団体ツアー客の減少分を補う考えだ。

「席はこちらでございます」。がんこ大阪本社で月に1度開く従業員向け勉強会「がんこ大学」で、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]