/

この記事は会員限定です

米国のワイン伝道師、若手ブドウ農家を指南(覚醒道産ワイン)

[有料会員限定]

北海道のワインが脚光を浴びている。寒冷地の気候条件を生かして高品質の欧州系ブドウ品種の栽培が広がり、道内のワイナリー(醸造施設)数は30軒を超えた。海外などで修行を積んだ造り手が続々と道内に集結し、ブドウ栽培から醸造まで一貫して手掛ける本格的なワイン造りが主流となっている。国内有数のワイン産地に成長した北海道は「ワイン王国」として飛躍できるのか。造り手の挑戦を追い掛ける。

収穫を迎えたブドウ畑が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン