/

この記事は会員限定です

ASTI、インドで自動車向け電子基板を5割増産

[有料会員限定]

電装品メーカーのASTIはインドで車載電装品を制御する電子基板を増産する。インド北部のハリヤナ州にある現地法人の工場に約2億円を投じて生産設備を増強。2017年夏ごろに生産能力を現在の5割増の月産30万個体制にする。インド最大手の四輪車メーカー、マルチ・スズキやホンダトヨタ自動車など同国内に拠点を持つ日系自動車メーカーの需要増に対応する。

ボディー・コントロール・モジュール(BCM)と呼ばれる電子基板を増産する。BCMは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン