2018年7月16日(月)

新型地熱発電所の試験運転開始 ジャパン・ニュー・エナジー

2016/10/17 21:31
保存
共有
印刷
その他

 地熱発電システムを開発するベンチャー企業のジャパン・ニュー・エナジー(東京・千代田)は15日、大分県九重町に設置した新方式の地熱発電所の試験運転を始めた。今後、発電効率などを向上させて出力を現在の24キロワットから増やし、2年後をメドに商業運転への移行を目指す。

 同社と京都大学が共同開発した新発電システムは、地下深くに注入した水を地中の熱で加熱し発電タービンを回す。温泉水をくみ上げる従来の地熱発電は観光業界からの反対などが課題だったが、新方式は環境負荷が小さく導入しやすい。世界初の技術といい、国内外の発電事業者などへの販売を計画している。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報