乳児用液体ミルク、導入へ規格基準検討 厚労省

2016/10/17 2:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は16日までに、国内で製造されていない「乳児用液体ミルク」について、製品の規格基準の検討を始めた。液体ミルクは粉ミルクと比べて、乳児に飲ませる手間が少なく、育児の負担軽減が期待される。厚労省は業界団体に安全性に関するデータを提出するよう求めており、安全性が確認されれば食品衛生法に基づく省令を改正する方針だ。

欧米では液体ミルクが一般的で、スーパーで販売され手軽に購入できる。容器に乳首型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]