/

この記事は会員限定です

乳児用液体ミルク、導入へ規格基準検討 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は16日までに、国内で製造されていない「乳児用液体ミルク」について、製品の規格基準の検討を始めた。液体ミルクは粉ミルクと比べて、乳児に飲ませる手間が少なく、育児の負担軽減が期待される。厚労省は業界団体に安全性に関するデータを提出するよう求めており、安全性が確認されれば食品衛生法に基づく省令を改正する方針だ。

欧米では液体ミルクが一般的で、スーパーで販売され手軽に購入できる。容器に乳首型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン