/

この記事は会員限定です

ドラム缶にもIoT JFE系、ICタグで管理

[有料会員限定]

化学品の運搬に使うドラム缶の大手が、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTに備えた研究開発を急いでいる。JFEコンテイナーは2016年度の研究開発費を前年度比3割増やし、ICタグを付けやすいドラムを開発。日鉄住金ドラムは技術センターを新設した。ドラム缶の需要が細るなか、付加価値の高い新製品で買い替えを促す。

ドラム缶は主に石油化学コンビナートで大型タンクから化学製品を製造プラントに移す時などに使う。ドラム缶工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン