2018年8月17日(金)

三菱UFJ、仮想通貨実験 残業減らした社員に発行

フィンテック
2016/10/15 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は10月から新たな仮想通貨の実験を始める。残業時間を短くした従業員などに発行し、福利厚生に役立てる。通貨は従業員どうしでやり取りしたり、近くの飲食店で使ったりできる仕組みを検討。まずカブドットコム証券と三菱東京UFJ銀行が参加し、2017年中にはカブコムの顧客にも提供を予定している。

 仮想通貨の名称は「OOIRI(オオイリ)」。まずスマートフォン(ス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報