/

この記事は会員限定です

盆栽、土なし栽培で輸出 香川県、新資材の実証実験

[有料会員限定]

マツ盆栽の生産日本一の香川県で官民が輸出拡大に向けた対策の強化に乗り出す。県は農家などと土の代わりに根に付けたまま出荷できる資材の実証実験を始めた。輸出で盆栽は検疫上いったん土を洗い落としているが、輸出先で枯れるリスクがあり、新たな栽培・輸送方法の確立を目指す。早期の実用化を目指しており、輸出拡大で産地活性化につなげる。

観賞用の盆栽は輸入国の穀物などへの病害虫被害を防ぐ狙いから検疫が厳しい傾向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン