/

この記事は会員限定です

「健康経営」中小に促す 協会けんぽ、県や銀行と連携

[有料会員限定]

従業員の健康維持・増進を目指す「健康経営」を中小企業に促す取り組みが四国でも盛んになってきた。四国は中小の従業員やその家族の医療費が全国に比べて高い。従業員らが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は県と連携するなど地域ぐるみの支援策を展開。さらに金融機関と組んで健康経営を支援する金融商品を開発する取り組みも進んでいる。

協会けんぽ香川支部(高松市)と香川県は今夏から県内の協会けんぽ加入事業所向け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン