/

この記事は会員限定です

東芝、自動運転に参入 20年めど画像認識応用し実用化

[有料会員限定]

東芝は自動運転車向けシステムに参入する。名古屋大学と共同で、東芝の画像認識用のシステムLSI(大規模集積回路)を使い障害物を回避する仕組みを開発した。2020年までに実用化し、自動車部品メーカーなどに売る。同社は得意とする画像処理の半導体などの技術を生かした省電力で低コストのシステムとして一括提供し、競合他社との違いを出す。

東芝は会計不祥事後に不採算事業の整理を進めている。この中で世界の自動車大手が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン