2019年8月20日(火)

和牛卸価格が上昇、直近安値比5%高 需要期入りで

2016/10/12 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

和牛の卸価格が上昇している。東京市場では高級品のA4等級(去勢)の枝肉卸値(加重平均)が12日、1キロ2653円に上昇し、直近の安値を付けた9月中旬比で5%高い。肥育農家が購入する子牛の値上がり基調が続いているのに加えて、冬場の需要期に向けてスーパーなど流通業者が仕入れを増やし始めた。

JA全農によると、9月の子牛の取引価格は全国平均で1頭あたり83万3千円と1年間で2割上昇した。枝肉の卸値もA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。