電力先物、上場先送り 制度設計が難航

2016/10/12 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京商品取引所は2016年度内に予定していた電力先物の上場時期を、17年度に先送りする。取引形態などの制度設計が難航しているためだ。4月の電力小売り全面自由化を受け、先物を含めた卸売市場の活性化が課題になっている。経済産業省が年内にもまとめる電力市場整備の議論を踏まえて詳細を固め、17年度の早期の上場実現をめざす。

 東商取は6月に電力先物の模擬取引を実施した。参加した電力会社などの意見を反映した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

東京商品取引所電力先物先物卸売市場上場先送り

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 22日 22:19
22日 21:44
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報