/

この記事は会員限定です

居酒屋、「1人2000円」の攻防

焼き鳥1本120円/低価格業態にシフト

[有料会員限定]

居酒屋大手が低価格業態へのシフトを強めている。「塚田農場」を手掛けるエー・ピーカンパニーは客単価が2千円程度の新業態の展開を開始。ワタミは今期、既存の居酒屋約80店を低価格の焼鳥店などに転換する。幅広いメニューを扱う総合居酒屋が苦戦する中、客単価が2千円を下回る「鳥貴族」が業績好調を維持している。各社は値ごろ感を前面に、節約志向を強める消費者を取り込む狙いだ。

エー・ピーカンパニーは立ち飲み中心の「やきとりスタンド」と座席の多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン