/

この記事は会員限定です

睡眠の質、AIで寝室の音から解析 阪大がソフト開発

[有料会員限定]

大阪大学の福井健一准教授らは寝室で発生する音を人工知能(AI)で解析し、睡眠の質を把握するソフトウエアを開発した。家庭で睡眠の質を手軽に把握することで、室内環境を工夫したり、異常があったときに病院にかかったりしやすくなり、病気の早期発見や健康管理に役立つ。

人が寝ているときの寝室の音をマイクで集音。音波の形をAIに学習させ、寝返りのときの音、いびき、歯ぎしりといった睡眠に関する音と、エアコンなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン