/

この記事は会員限定です

深い場所で爆発、噴煙高く降灰広がる 阿蘇山

[有料会員限定]

阿蘇山の中岳(熊本県)で8日、36年ぶりに爆発的噴火が発生した。昨年の噴火よりも規模が大きく、噴煙の高さは1万メートルを超え、四国など広い地域で降灰が確認された。今回の噴火の特徴とメカニズムをまとめた。

Q 昨年の噴火との違いは。

A 昨年の噴火は上昇してきたマグマが火山の地下水と接触、発生した水蒸気とともに地表面に噴出する「マグマ水蒸気爆発」だった。今回は噴煙にマグマ片が含まれておらず、噴煙も白...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン