/

この記事は会員限定です

大和、エネ施設特化型ファンド500億円で設立 国内最大

[有料会員限定]

大和証券グループ本社は発電所などに投資するエネルギー・インフラファンドを立ち上げた。このほど出資の募集を締め切り約500億円の資金を集めた。インフラファンドとしては国内最大の規模となる。2ケタの利回りを想定しておりマイナス金利で運用難に直面する地銀や公的年金などが出資した。今後はローンも活用し総額2000億円近い投資を目指す。

ファンドを運用するのはエネルギー・インフラ分野に特化した運用会社のI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン